【注目】苦手な英語が得意になる英文法の参考書です。
小学英語から高校英語まで対応!
英文法の参考書
※)参考書の詳細や「見本誌」は公式サイトの英語教材のHMBにて。

2007年08月19日

不定詞副詞的用法〜英文法の練習問題

■■問題■■

( )に適切な英単語を入れてください。

He was(  )(  )(  )speak.
(=彼はあまりに疲れていたので、話すことができなかった。)

答えを読む前にランキングをチェック!

■■解答と解説■■


【答え】too tired to


【解説】too…to〜

例えば、「He is too young to go there.」
という文を訳してみてください。
※)ただし、「too」は「あまりにも」という意味です。


この文では「to〜」は「〜する為に」と訳せますよね。
(これ以外では変な訳になってしまいます。)
なので「彼は、そこに行くためには、あまりにも若い。」となります。


言いたいことはわかるのですが、少し意味がとりにくいですね。

そこで、「too A to 〜」の形がでてきたら、
公式のように「あまりにAで〜できない」と訳すのだと覚えておきましょう。


「He is too young to go there.」
=「彼は、そこに行くためには、あまりにも若い。」
=「彼はあまりにも若くてそこにいけない。」


ちなみに「to〜」は以下のように訳せました。
1.「〜すること」
2.「〜するための」「〜すべき」
3.「〜するために」「〜して」
4.単なる前置詞


スポンサード リンク





【ユーキャン】
ユーキャン
ユーキャンのエクセル活用講座の詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/51903823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。