【注目】苦手な英語が得意になる英文法の参考書です。
小学英語から高校英語まで対応!
英文法の参考書
※)参考書の詳細や「見本誌」は公式サイトの英語教材のHMBにて。

2007年08月04日

不定詞の名詞的用法〜英文法の練習問題

■■問題■■

( )に適切な英単語を入れてください。

I(  )(  )check(  )this answer is right or not.
(=私はこの答えが正しいかどうか確かめたい。)

答えを読む前にランキングをチェック!

■■解答と解説■■


【答え】want to,whether


【解説】不定詞の名詞的用法(基本)

人や物などの名前を「名詞」というのでした。

しかし、人や物などの名前以外にも「名詞」はありました。

何でしたっけ?

そうですね。
「動詞」に「こと」をつけたものですね。
例えば、「走る(動詞)→走ること(名詞)」のように、「動詞」に
「こと」をつければ、名詞に変わるのでした。


さて、この「走ること」を英語になおしてみてください。

「走る」は「run」です。
「こと」にあたる英単語は「to」でした。

よって、「走ること」は「run to」になる!と思いましたか?

違いましたよね。
「to」は必ず動詞の前に持ってくるのでした。

よって、走ることは「to run」になります。


<<<まとめ>>>
「to〜」を見たら、下の訳になります。

1.「〜すること」
2.「〜するための」「〜すべき」
3.「〜するために」
4.単なる前置詞の「to」


【want to】

「to〜」で「〜すること」と訳しました。

よって、「want to〜」は直訳すると「〜することを欲する」という
意味になりますが、「〜することを欲する」は結局、「〜したい」という意味
ですよね。

「want to〜=〜したい」を覚えておいてください。


【whether】
whether=〜かどうか


スポンサード リンク



【ユーキャン】
ユーキャン
ユーキャンの英検講座の詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/50263664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。