【注目】苦手な英語が得意になる英文法の参考書です。
小学英語から高校英語まで対応!
英文法の参考書
※)参考書の詳細や「見本誌」は公式サイトの英語教材のHMBにて。

2007年06月25日

英文法の練習問題(be good at)

■■問題■■

( )に適切な英単語を入れてください。

He(  )(  )(  )(  )the guitar.
(=彼はギターを弾くことが得意である。)

答えを読む前にランキングをチェック!

■■解答と解説■■


【答え】is good at playing


【解説】be good at〜

「be good at〜=〜が得意である」


例えば「走ることが得意である」を英語になおしてください。


「be good at run」になるのでしょうか?

これは間違えていますよね。
今「〜すること」になっています。
つまり、前置詞の後ろは必ず動詞のing形になるのでした。

つまり、「running」と動詞のing形にしなければなりません。

よって、「be intereted in running」になります。


ちなみに「動詞のing形」は下の3つの可能性があります。

1.「be動詞+動詞のing形」という形で、「〜しているところだ(現在進行形)」

2.「名詞+<動詞のing形〜>」または「<動詞のing形>+名詞」というように
名詞と一緒に使われると、分詞(→どのような名詞なのかを説明する言葉)になる。

3.「動詞のing形」で「〜すること(動名詞)」

スポンサード リンク



ユーキャン
ユーキャンの測量士補講座の詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/45833773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。